結婚相談所でのお見合いや婚活サイトを利用するとき、気になるのが成婚率だと思います。

結婚相談所や婚活サイトで実際に成婚できた人はいるのでしょうか?

結婚相談所の成婚率について

■結婚相談所を選ぶ基準のひとつとして成婚率の高さが挙げられると思います。

成婚率が高いということは、それだけ理想的な相手と出会う機会が多いということになります。また、結婚相談所のサービスなどが充実していれば当然成婚率が高くなると判断することもできるため、成婚率は結婚相談所にとって一つのバロメーターとなっています。 しかし、結婚相談所を選ぶときには成婚率だけを見て選ぶというのは少し危険な部分もあります。ここでは結婚相談所の成功率についていくつか紹介していきたいと思います。

●成婚率の内容は知ることができない

結婚相談所では成婚率を公表しているところがほとんどです。成婚率が高ければ高いほど結婚しやすい結婚相談所だと思われるのは当然のことですので、結婚相談所としては成婚率をできるだけ高く表示したいと考えるのは当たり前です。 ではこの成婚率の内容についてですが、特に深く考えなければその結婚相談所を利用した結果成婚にまで進めることができた割合だと考えるのが普通です。 ですが、以外にも成婚率はこれ以外の部分でも数値として含まれている場合もあります。 例えば、結婚相談所を退会する人がいたとして、その人の退会理由が「結婚によるもの」と回答したとします。 もしもそれが結婚相談所を通じてではなく、例えば友達からの紹介で、親の紹介でなど出会ったとしても、結婚相談所は成婚率の中に含めてしまう場合もあります。 ですので、結婚相談所が公表している成婚率の内容は誰も知る事ができませんので、完全に鵜呑みにするのは危険なことも考えられます。

満足のいく結婚ができるわけではない

■結婚相談所の成婚率というのは予備校の合格率ととてもよく似ています。

予備校の合格率というのは第一希望の学校に受かった割合ではなく、滑り止めも含めた合格率です。ですので、本当に行きたかった学校に受かった割合ではありません。結婚相談所の成婚率もこれとよく似ています。 本当に結婚したいと思った相手と成婚することができれば問題ありませんが、全員がそのような満足のいく結婚ができるというわけではありません。 希望する条件とは異なるけれど、お互い結婚しても良いと判断して成婚する場合だって考えられます。 もちろんこれらも数字に含まれているわけですので、成婚率の高い結婚相談所を利用すれば満足のいく結婚ができるというわけではないということは覚えておく必要があるでしょう。 大事なことは、結婚相談所がどれくらいサポートしてくれるのか、結婚相手をきちんと探してくれるのかといったポイントになってくるため、成婚率は目安のひとつとして考えるのが良いでしょう。

お見合いと婚活

婚活サイトと出会い系サイトの違いについて
婚活でのデート後のアプローチ方法について
中高年の婚活は難しい?中高年の婚活方法とは
スムーズに進めるためのポイントとコツについて